かぶろま投資&ダイエットブログ

投資とダイエットを中心とした30代男性会社員のだらだらブログ

宇宙兄弟からのGoogle

こんばんは
かぶろまです。

行動経済学を学ぼうと本を読もうとしたのですが、
浮気いたしまして(汗)宇宙兄弟を読んでおりました。

宇宙に魅せらせた兄弟の物語で、近未来を舞台にしております。
主人公である「南波六太」がサラリーマンをクビになってから
宇宙飛行士を目指していくという物語です。

様々な課題があるものの、都度、機転を効かせて前向きに進んでいく姿や
宇宙飛行士という子供の頃の夢を追いかけ続ける姿がとても印象的です。

ホリエモンもこの漫画について話てますね。
http://toyokeizai.net/articles/-/153124?page=3


ちなみに僕のツイッターの画像も宇宙兄弟に出てくるキャラクターになってます。



そんな中で先般放送されたクレイジージャーニーでも
Googleの月面レースが取り上げられていましたね。

Googleの宇宙事業について調べてみました


Goolgle:ALPHABET


Googleは株の世界ではalphabetとなっていますね。
持株会社の名前がアルファベットのようです。

収益はほとんど広告からの収益のようです。
何と言っても検索エンジンとしてのGoogleは言わずとしれてますし、
ググる」って言葉もありますもんね。

それだけ、検索の分野では覇者でありプラットフォームを獲得しておりますよね。
この「みんなの検索キーワード」のビックデータを使い、
ビジネスを広げてますね。

Googleは広告からでる収益を元にかなり多くのビジネスに手を広げております。



月面探査レース


Googleが賞金を2000万ドル(21億円くらい)だして
誰が、月面に民間からロボット探査機を送り込めるかというプロジェクトになっております。

日本チームのオフィシャルサイトで内容は詳しく解説されています!
https://au-hakuto.jp/about/glxp/

残念ながら、「2018年3月まで」という期限は終わり誰も達成できなかったので
賞金は出ないようなのですが、各チーム引き続き月面を目指していくみたいです。
https://newspicks.com/news/2891841/body/?ref=search

Googleが賞金出すくらいしないと、月に行く理由がないようですね。
やっぱり月に石油が大量に埋まっているとか、金がザクザク取れるとか
そういった将来的な経済的な利点もないのに
宇宙に人を送り込むという多額のお金がかかることを誰もしようとしないようです。
(昔はアメリカとロシアが技術での覇権も争っていたのですが、今はそうでも無いようですしね)

そんな中、利益を生むのかもわからないこの宇宙事業に対して
チャレンジし続けるGoogleはすごいと思いますし、
宇宙兄弟を読んだ今、かなり応援したくなってますね!


最後に:宇宙


今、Googleストリートビューは宇宙に飛び出してるようです
https://www.gizmodo.jp/2017/07/723siss360google.html

宇宙ってすごく夢のある世界ですよね。

僕はこのストリービューをみていると
酔ってしまって気持ち悪くなってしまいますので
ちょっと宇宙飛行士は無理かな・・・と思ってます、、、
(そもそも無理という話はオイトイテ、、)